お問合せ データビリティコンソーシアム事務局
Tel: (06) 6155-5035
Email: cds.or.jp

実データで学ぶ人工知能講座(平日夜間コース)

講座概要・受講料

開講時期
2020年4月8日~9月30日
内容
ビッグデータを使いこなす人工知能の学び  56コマ×90分
場所
大阪大学 吹田キャンパス (情報科学研究科、データビリティフロンティア機構、産業科学研究所)
定員
20名程度
対象
人工知能を概念および技法を習得し、実世界の課題解決に使いたい技術者(機械系、電機系、情報理工系など)
受講料

【大阪大学科目等履修生納入金(検定料・入学料・授業料)】
上記の科目等履修生納入金として、検定料(9,800円)、入学料(28,200円)、授業料(4単位分57,600円)を大阪大学に納入していただきます。別途、入学後に学生教育研究災害保険の保険料(1,000円)の加入もお願いしています。

【講義資料等費用】
上記の大阪大学科目等履修生納入金に加え、別途、講義資料等費用として800,000円(税別)が必要です。

  • 受講料合計: 96,600円(税不要)+800,000円(税別)
※全科目セット受講のみ(科目単位での申込みは不可)
※講義資料等費用には賛助法人会員ディスカウント 5%off、団体割引(10名以上)5%offが適用されます。
申込締切
2020年2月9日
(講義資料等費用の納入期限は2月28日です。科目等履修生納入金についてはそれぞれ指定された期日までに納入が必要です。出願期間内:検定料/入学手続期間内:入学料/入学後:授業料)
持参品
無線LANが利用可能なノートブックと電源アダプター、筆記具
主催
一般社団法人データビリティコンソーシアム

開講科目紹介

本講座は、大阪大学の大学院科目2科目(「知能と学習」「ビッグデータ解析」)と、一般社団法人データビリティコンソーシアムが開講する3科目(「コンピュータビジョン」「自然言語処理」「実践深層学習」)の、計5科目から構成されます。「知能と学習」「ビッグデータ解析」の2科目では、機械学習を中心に人工知能の基礎からビッグデータ処理技術などを学びます。「コンピュータビジョン」「自然言語処理」では、言語、画像データに触れながら、パターン認識の基礎、画像からの3次元形状復元、形態素解析や構文解析などの基礎解析技術、さらに画像処理、自然言語処理の実践までを学ぶことができます。そして、「実践深層学習」では、第三次人工知能ブームを作った立役者とも言える深層学習をその歴史的発展から現在に至るまで実データに触れつつ学びます。
全5科目で、講義、演習合わせて、合計84時間のプログラムとなります。

日程

2020年4月8日~9月30日の月・火・木曜、6時限(18:00~19:30)で開講予定。
曜日 科目
第1週 「知能と学習」1
「ビッグデータ解析」1
「自然言語処理」1
第2週 「知能と学習」2
「ビッグデータ解析」2
「自然言語処理」2
第3週 「知能と学習」3
「ビッグデータ解析」3
「自然言語処理」3
第4週 「知能と学習」4
「ビッグデータ解析」4
「自然言語処理」4
第5週 「知能と学習」5
「ビッグデータ解析」5
「自然言語処理」5
第6週 「知能と学習」6
「ビッグデータ解析」6
「自然言語処理」6
第7週 「知能と学習」7
「ビッグデータ解析」7
「自然言語処理」7
第8週 「知能と学習」8
「ビッグデータ解析」8
「自然言語処理」8
第9週 「知能と学習」9
「ビッグデータ解析」9
「コンピュータビジョン」1
第10週 「知能と学習」10
「ビッグデータ解析」10
「コンピュータビジョン」2
第11週 「知能と学習」11
「ビッグデータ解析」11
「コンピュータビジョン」3
第12週 「知能と学習」12
「ビッグデータ解析」12
「コンピュータビジョン」4
第13週 「知能と学習」13
「ビッグデータ解析」13
「コンピュータビジョン」5
第14週 「知能と学習」14
「ビッグデータ解析」14
「コンピュータビジョン」6
第15週 「知能と学習」15
「ビッグデータ解析」15
「コンピュータビジョン」7
第16週 「実践深層学習」1
「実践深層学習」2
「コンピュータビジョン」8
第17週 「実践深層学習」3
「実践深層学習」4
「実践深層学習」5
第18週 「実践深層学習」6
「実践深層学習」7
「実践深層学習」8
第19週 「実践深層学習」9
「実践深層学習」10